第八回伝統鍼灸臨床セミナー「日本伝統鍼灸入門 ~臨床で役立つ触診の技術2 脈診・腹診・背診~」

今回で日本伝統鍼灸学会主催の伝統鍼灸臨床セミナーは8回目を迎えます。前回に引き続き、学校で伝統鍼灸を学ぶ機会がない、伝統鍼灸を初歩から学んでみたいというニーズに応え、「日本伝統鍼灸入門」と題して、日本の伝統鍼灸を基礎から学べるセミナーを企画しました。

 第一弾で好評でしたので、第二弾も、日本の伝統鍼灸が最も大事にしている「触れる」ということに焦点を当て、身体の基本的な触り方、効果的なツボの見つけ方、脈診や腹診のコツについて、さらに深く学びます。

 鍼灸の大家と呼ばれる先生は、例外なく触診が上手く、触れるだけで患者は安心します。そして切経、腹診、脈診等から瞬時に多くの情報を得て、治療に生かすことができるので、治療に大きな効果が出るのです。「触れる」こと、すなわち「切診」をさらに掘り下げて学ぶことで、日本の伝統鍼灸の神髄を直接感じて頂きたいと思います。

このセミナーは初学者向けの講座です。伝統的鍼灸治療の実際に興味のある学生、卒後数年の鍼灸師、初心に帰って学ぼうと思われているベテラン鍼灸師の先生方のご参加をお待ちしております。

[内容]

1.講義

伝統鍼灸の身体の診方
和辻先生〔副会長、明治国際医療大学教授〕

2.伝統鍼灸の実技公開 

脈診の基本と治療
光澤  弘先生〔学術部部長,天地人治療会副会長〕
手でも目でもリアルタイムで変化する腹診
二木清文先生〔漢方鍼医会〕
身体の捉え方と背診のコツと治療
坂井祐太先生〔北辰会〕
<日時>2024年3月3日(日)
12:30~16:30
<場所>国際鍼灸専門学校
住所:東京都葛飾区立石6丁目36−7
(最寄り駅:京成電鉄 青砥駅)
<定員>50名
<参加費> 会場参加・アーカイブ配信共通
・一般:10,000円
・一般学生:6,000円
・会員:5,000円
・会員学生:3,000円
<注意>
当日のリアルタイム配信は行いません。(アーカイブ動画はセミナー開催日より2週間をめどに配信されます)
会場参加の方も後日アーカイブ配信が視聴できます。
セミナー抄録は、セミナー開催前日までに、PDFにてデータをお送りいたします。必要であれば、各自印刷をしてご持参ください。
<申し込み>会場参加+アーカイブ配信
https://dentou08kaijyousannka.peatix.com/
アーカイブ参加(当日会場参加できない方)
https://denntouhaisnn.peatix.com/
<締め切り>2月28日(水)