jtams 第50回日本伝統鍼灸学会学術大会 東京大会

menu

jtams 第50回日本伝統鍼灸学会学術大会 東京大会

プログラム-タイムライン【30日(日)】

プログラム一覧 タイムライン:29日(土)・30日(日)

敬称略

時間/会場大ホール
9:00-10:00実技講演2
「人体場に応じた九鍼の使い方(氣・意識も含む)」
座長:手塚幸忠
(新医協東京支部鍼灸部会会長)
演者:石原克己
(東京九鍼研究会会長)
10:00-11:00特別講演1
「アーユルヴェーダにおける肉体・気・意識の関係と、各レベルへの治療法」
座長:藤原典往
(日本伝統鍼灸学会評議員)
演者:上馬塲和夫
(NPO法人日本アーユルヴェーダ協会 理事長)
11:00-12:00特別講演2
「生体の機能と鍼治療の効果」 
座長:長沼良和
(日本伝統鍼灸学会評議員)
演者:鮎澤 聡
(筑波技術大学保健科学部 教授)
12:00-13:00総会(終了後に発表奨励賞表彰式)
13:00-14:00実技講演3
「東洋はり医学会方式による脉診流経絡治療の診断と実際」
座長:奈良雅之
(日本伝統鍼灸学会理事)
演者:谷内秀鳳
(東洋はり医学会会長)
14:00-15:00基調講演 
「いのちに基づいた医療&健康 ―いのちの覚醒 ―」
座長:和辻 直
(明治国際医療大学 教授)
演者:渡邉勝之
(鍼灸 瑛 嵯峨嵐山 院長)
15:00-16:00教育講演2
「気は万物を繋ぐ ―『黄帝内経』と巫(ふ)の医術―」
座長:戸ヶ崎正男
(日本伝統鍼灸学会副会長)
演者:松田博公
(日本伝統鍼灸学会 顧問)
16:00-16:30閉会式
時間/会場小ホール
9:00-10:00一般口演
①後藤茂
 刺せる身体づくり・わかる手づくり~武術の基本稽古を利用して
②三ツ川友一郎
 子宮筋腫が経絡治療(日本はり医学会方式)により縮小した1症例
③藤井智仁
 難病指定紫斑病患者が経絡治療で好転した一症例
④水上祥典
 「天・地・人治療」(第12報)―坐骨神経痛に対する「肉里脈」治療―
⑤竹部隆江
 鎮痛薬が著効しなかった小児の頭痛が小児鍼により改善した一症例
⑥横山一豊
 澤田流鍼灸「裏四霊」の主治についての考察―澤田流鍼灸の遺産を現代鍼灸で活用するために―
10:00-12:00学生セミナー
「気を意識した刺さない鍼の実技」
司会:髙橋大希
(教育委員会委員長)
演者:
小野博子(東方会)
奈良雅之(東洋はり医学会)
竹下 有(北辰会)
12:00-13:00休憩
13:00-14:00国際部講演
「コロナパンデミック下における世界的な鍼灸標準化の動向」
座長:渡邊靖弘
(日本伝統鍼灸学会理事)
演者:中田健吾・東郷俊宏
(国際部)
14:00-15:00身体作りワークショップ2
「空手と気(意識)」
座長:関信之
(無分流打鍼継承会会長)
演者:久場良男
(久場針灸院院長)
15:00-16:00身体作りワークショップ3
「形不正 法不存」
座長:加畑聡子
(日本伝統鍼灸学会理事)
演者:寄金丈嗣
(六然社社主)

史料展示 4階 402
29日(土)12時~17時45分
30日(日)10時~15時
「先人たちの学と術ー日本伝統鍼灸の輝きー」

カテゴリー

カレンダー

2023年2月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728