jtams 日本伝統鍼灸学会 第46回学術大会 大阪大会

menu

jtams 日本伝統鍼灸学会 第46回学術大会 大阪大会

プログラム

主なプログラム

特別講演(市民公開講座)
「古武術の新しいカタチ」
  武術研究家 甲野善紀

「死の不安の解決は」
  大阪大学名誉教授 加地伸行

「茨木漢字探検隊ー漢字ジェスチャー大会」
  立命館大学専任職員 白川静記念東洋文字文化研究所文化事業担当・漢字教育士 久保裕之

「日本の妖怪文化 ー『針聞書』の思想的風土ー」
  国際日本文化研究センター 所長 小松和彦

「市制70周年記念・茨木の文化と近代化」
  京都大学人文科学研究所 所長 高木博志

「戦国時代の茨木氏と茨木城 ―『針聞書』の歴史的背景―」
  大阪市立大学大学院文学研究科 教授 仁木 宏

 司会:京都大学人文科学研究所 教授 武田時昌
    京都府立大学文学部 准教授 東  昇

基調講演『針聞書』編纂450周年記念講演
 「今新流開祖・茨木元行の著作と臨床」
  森ノ宮医療大学大学院 教授 長野 仁

会長講演
「気を考える」
 日本伝統鍼灸学会 会長 形井秀一

会頭講演
 「小児はりのすすめ」
  日本小児はり学会 会長 井上悦子

実技セッション
 「打鍼術」・「気口九道脈診」・「刺絡鍼法」

実技講演
  「脉状診による全人的把握と、生活全般の指導と応用」
  大分市 山口鍼灸院 院長 山口隆一

 「八木素萌師と『難経』の世界」
  漢法包徳会会長 鈴木福三朗

特別企画
 「平成を翔ける流派と私」
  古典鍼灸研究会(付詠学会)• 一般社団法人 北辰会
  日本内経医学会・積聚会・新医協東京支部鍼灸部会
  東方会・漢方鍼医会・和ら会・日本刺絡学会
  東京九鍼研究会・東洋はり医学会(11団体・順不同)

教育講演
 「伝統鍼灸のグローバルな連携」
  中洲東洋医学倶楽部代表・鍼灸「高野」院長 高野義章

 「インテグラル・アクパンクチャー 一統合的鍼灸治療ー 」
  東方医療振興財団 理事長 上馬塲和夫

 「流派について」
  森ノ宮医療大学鍼灸情報センター 准教授 横山浩之

 「刺絡療法が、難治性疾患、奇病を治す 一我が国の医療に欠けたもの一
  西田順天堂内科院長 西田皓一

シンポジウム
 「日本鍼灸のアイデンティとは」
  司    会:形井秀一・井上悦子
  シンポジスト:日本中医学会 理事 浅川 要
         NAJOM 副編集長 スティーブン ブラウン
         日本伝統鍼灸学会学術部 横山 奨
         森ノ宮医療大学大学院 教授 長野 仁

 「気口九道脈診を語る」
  司    会:関西漢法苞徳之会 学術統括部長 利川鉄漢
  シンポジスト:中華伝承医学会 代表補佐 鹿島洋志
         鍼道五経会 代表 足立繁久
         和光鍼灸治療院  上北昌明

 「 日本伝統鍼灸における腰痛治療の標準化を目指して Ⅱ」
  司    会:愛媛県立中央病院漢方内科主任部長 山岡博一郎
         九州看護福祉大学教授 篠原昭二
  シンポジスト:愛媛県立中央病院漢方内科鍼灸治療室 大塚素子
         東海大学医学部付属大磯病院鍼灸治療室 高士将典
         いわなみ鍼灸院院長  橋本 巌
         馬場回生堂鍼灸療院  馬場道啓
         わしだ鍼灸院院長  鷲田伸二

学術部セミナー
 「江戸期の鍼灸から何を学ぶか」
  日本伝統鍼灸学会 学術部長 戸ケ崎正男

 「明治期の鍼灸教育が今にもたらしたもの」
  日本伝統鍼灸学会学術部 光澤 弘

国際部セミナー
 「世界の鍼灸事情」
  司    会:日本伝統鍼灸学会国際部部長 中田健吾

日中学術交流プログラム
 「日本の鍼灸理論と実技」
  司    会:日本伝統鍼灸学会理事 斉藤宗則

日本伝統鍼灸用語編纂委員会報告・刺絡セミナー・一般口演 等

市民向イベント
 ハラノムシと遊ぼう、小児はり体験コーナー 他

【スケジュール】

11月24日(土)
グランドホールキャンパスイベントホール
9:30 開会式
10:00-10:40 会長講演
「気を考える」
 形井 秀一
9:50-10:30 一般演題9:50-10:30 日本伝統鍼灸用語編纂委員会
 斉藤 宗則
10:50-12:00 シンポジウム
「気口九道脈診を語る」
 司会:利川 鉄漢
 シンポジスト:鹿島 洋志・足立 繁久・上北 昌明
10:30-11:15 学術部セミナ一
「江戸期の鍼灸から何を学ぶか」
 戸ケ崎 正男
10:35-12:00 一般演題
11:15-12:00 国際部セミナ一
「世界の鍼灸事情」
 司会:中田 健吾
 
13:00-13:10 茨木市長挨拶
 福岡 洋一
13:00-14:00 教育講演
「流派について」
 横山 浩之
13:00-14:30 実技セッション
「打鍼術」
 司会:奥村 裕一
 演者:藤本 新風・石原 克己・齋藤 友良・玉村 彰一朗



13:10-14:10 特別講演
「古武術の新しいカタチ」
 甲野 善紀
14:20-14:50 会頭講演
「小児はりのすすめ」
 井上 悦子
14:10-17:20 特別企画
「平成を翔ける流派と私」
古典鍼灸研究会(付詠学会)・一般社団法人北辰会・日本内経医学会・積聚会・新医協東京支部鍼灸部会・東方会・漢方鍼医会・和ら会・日本刺絡学会・東京九鍼研究会・東洋はり医学会(以上11団体)

14:50-16:20 シンポジウム
「日本鍼灸のアイデンティとは」
 司会:形井 秀一・井上 悦子
 シンポジスト:浅川 要・スティーブンブラウン・横山 奨・長野 仁

14:45-15:45 実技講演
「脉状診による全人的把握と、生活全般の指導と応用」
 山口 隆一

16:40-17:45 一般演題

16:00-17:30  日中学術交流プログラム
「日中の鍼灸理論と実技」
 司会:斉藤 宗則

11月25日(日)
グランドホールコロキウムイベントホール
9:00-10:00 特別講演
「茨木漢字探検隊 ー漢字ジェスチャー大会ー」
 久保 裕之
9:00-10:00 基調講演
「今新流開祖・茨木元行の著作と臨床」
 長野 仁
9:00-10:00 一般演題
10:10-11:10 特別講演
「死の不安の解決は」
 加地 伸行
10:00-10:35 学術部セミナ一
「明治期の鍼灸教育が今にもたらしたもの」
  光澤 弘
10:05-11:05 教育講演
「刺絡療法が、難治性疾患、奇病を治すー我が国の医療に欠けたものー」
 西田 皓一
11:20-12:20 特別講演
「戦国時代の茨木氏と茨木城ー『針聞書』の歴史的背景ー」
 仁木 宏
10:45-12:00 シンポジウム
「日本伝統鍼灸における腰痛治療の標準化を目指してII」
 司会:山岡 博一郎・篠原 昭二
 シンポジスト:大塚 素子・高士 将典・橋本 巌・馬場 道啓・鷲田 伸二
11:10-12:10 実技講演
「八木素萌師と『難経』の世界」
 鈴木 福三朗
 12:00-13:00 日本伝統鍼灸学会総会 
13:20-14:20 特別講演
「市制70周年記念・茨木の文化と近代化」
 高木 博志
13:00-14:00 教育講演
「インテグラル・アクパンクチャー 一統合的鍼灸治療ー」
 上馬塲 和夫
13:00-14:00 実技セッション
「気口九道脈診」
 司会:利川 鉄漢
 演者:鹿島 洋志・足立 繁久・上北 昌明
14:30-15:30 特別講演
「日本の妖怪文化ー『針聞書』の思想的風土ー」
 小松 和彦
14:00-14:30 刺絡セミナー
「臨床が証明する刺絡の可能性」
 福島 哲也
14:10-15:30 実技セッション
「刺絡鍼法」
 司会:清水 尚道・小野 泰生
 演者:大貫 進・友部 和弘 他
14:40-15:30 教育講演
「伝統鍼灸のグローバルな連携」
 高野 義章
15:40 閉会式

カテゴリー