jtams 第49回日本伝統鍼灸学会学術大会 沖縄大会

menu

jtams 第49回日本伝統鍼灸学会学術大会 沖縄大会

ご挨拶

ご挨拶

鈴木 信司
第49回日本伝統鍼灸学会学術大会会頭
専門学校沖縄統合医療学院学校長

 世界は新興感染症により大きな局面を迎えており、社会が大きく変わろうとしています。医療のあり方についても改めて考えていく必要性が高まっています。そのなかで伝統鍼灸が果たすべき社会的役割と可能性は非常に大きいといえます。人々の心身を整え、免疫力を高めていくことが感染症予防につながり、社会システムの維持にも大きく貢献できるに違いありません。
 令和2年度の学術大会は沖縄にて開催されることとなっておりましたが、爆発的な感染症拡大のなか、引き続き更なる感染の波の到来も想定され、今年度へ延期することとなりました。
 開催地である沖縄は独特な文化が息づく亜熱帯気候の島です。沖縄県内で鍼灸学科を擁する学校は私どもの運営する専門学校沖縄統合医療学院のみであり、様々な国の特色が融合した“チャンプルー文化”という文化的背景のなかで、教育をとおして鍼灸医療の発展に力を注いでいます。今般の学術大会は、日本鍼灸を世界へ広めていく一翼を担いたいという思いで開催いたします。
 大勢の会員の皆様のご参加を心よりお待ちしております

カテゴリー

カレンダー

2022年1月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31