jtams 第49回日本伝統鍼灸学会学術大会 沖縄大会

menu

jtams 第49回日本伝統鍼灸学会学術大会 沖縄大会

和辻直先生 教育講演「経絡病証の経緯、意義そして活用」について

第49回日本伝統鍼灸学会学術大会(沖縄大会)において、和辻直先生が「経絡病証の経緯、意義そして活用」について教育講演を行います。
2019年5月に世界保健機関(WHO)総会で正式採択された国際疾病分類の第11版(ICD-11)に、東アジア伝統医学の病態が初めて導入されました。しかし、これは国際的案病態分類ツールに対応できるようになったことに過ぎず、伝統医学の効果や安全性、診療の正当化などを認めたわけではありません。今後、ICD-11に準拠した共通の診療データを集積することが重要となります。
今回、この出来事をふまえて「経絡病証の経緯、意義そして活用」について和辻直先生が講演を行います。

※本実技講演は学術大会後にアーカイブ配信を行う予定です。
 学術大会に参加される方は、12月28日まで何度でも視聴可能です。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

カレンダー

2022年5月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031